自費 of 津山歯科医師会HP

歯科なんでもQ&A

自費(自由)診療について

 むし歯や歯周病(歯槽膿漏)に対する治療や、被せやブリッジや入れ歯などの治療は、保険の範囲内で治療可能なことがほとんどです。

しかしながら小さなむし歯の治療であっても、金属アレルギーの原因になりづらい金含有率の高い金合金や白金加金あるいはチタンなどの特殊な材料を用いた場合には、保険外の治療つまりは自費(自由)診療になります。

また歯槽膿漏の治療であっても、保険適応外の薬剤や材料や治療法を用いた場合にも、保険適応外となります。

 被せの治療の場合は、前歯や小臼歯(小さな奥歯)には保険でも白い歯を被せることが可能ですが、その材質や被せ方には制限があり、保険適応の材質では、深みのある色を作ることは難しく、本当の歯と同じ色の再現はなかなか困難で、長期間経過すると白い部分が変色したり、割れたり欠けたり摩耗することがあります。

なお大臼歯(大きな奥歯)には、保険で白い被せを作ることは出来ません。

これに対して自費治療の場合には、裏側(内側)のベースとなる金属には、金属アレルギーの原因になりづらい金含有率の高い金合金や白金加金を用い、表側の白い部分には、摩耗しづらく変色しづらいセラミックを用いることにより、深みのある色や本当の歯と類似の色を作ることも可能です。

 ブリッジの場合は、失った歯の位置や数およびブリッジを支える土台となる残った歯の位置や数によって、保険適応と保険適応外となる場合があります。

 入れ歯の場合は、残った歯にかける細い金属のバネの代わりに取り外し可能な被せを用いるなどした場合や、特殊なチタンなどの薄い金属を使うなどして違和感が少なく熱伝導性を良くした入れ歯は、保険適応外となります。

 インプラント(人工歯根)についても、保険適応外となります。

 なお、歯科矯正治療は、口蓋裂などや顎変形症と診断された場合を除いて、保険適応外です。

インプラント(人工歯根)について

 今現在使われているインプラント(人工歯根)には、顎の骨の中に人工の歯根を埋めて、その上に歯をのせるタイプ(骨内インプラント)と、歯肉(歯ぐき)と顎の骨のあいだに金属のフレームを埋めるタイプ(骨膜下インプラント・粘膜下インプラント)と、骨内と骨膜下・粘膜下の両方を組み合わせたタイプと、さらにご自分自身の本物の歯の内部から顎の骨へと貫く歯内骨内インプラントがあります。
 インプラントの形状は、棒状、筒状、板状、スクリュー状、ピン状などの種々な形態および種々なサイズがあり、材質も最近主流となっているチタンを使ったもの、セラミックスを用いたもの、チタン表面にハイドロキシアパタイトをコーティングしたもの、形状記憶合金を使用したものなど、様々な種類のインプラントが日常の臨床で使われております。

 インプラントの手術にあたっては、埋め込むインプラントが1本であっても、1回の手術のタイプと2回(2回目は簡単な手術)の手術に分けて行うタイプがあり、また何本も多数のインプラントを埋め込む場合には、埋め込む手術自体を何回かに分ける場合もあります。

さらに施術後直ちにインプラントの上に歯を被せるタイプもありますし、手術の後半年ぐらい埋めたままで経過を診るタイプもあります。

 現在インプラントの主流は、顎の骨とインプラントとが直接的に結合するタイプですが、タイプによっては骨と直接的に結合しないものもあり、この場合には埋め込んだインプラントのみでは上に被せる人工の歯をささえることができず、前後あるいは左右のご自分自身の歯を削って連結する場合もあります。

 費用については、そのインプラントのタイプや埋め込む本数、上にかぶせる歯を白くするか金属にするか、特殊な義歯(入れ歯)にするか、などによって大きく左右されます。

インプラントの治療は原則として保険が適用されませんので、全てが自費治療になりますが、被せる歯を含めて最低でも10万円前後から、本数によっては数百万円になる場合もあります。

 手術中の痛みについては、麻酔が効いている限りは顎の骨を削る振動が響く程度です。

麻酔が切れた後は、外科的な手術のため、患者さん個人個人の感覚にその程度は左右されるものの、やはり痛みが生じますが、頓服(鎮痛剤)で抑えることができる程度のことが多いようです。

また手術自体に問題がない場合で、術後の感染などが起こらない限り、またよほど広範囲に一度に多数のインプラントを埋め込まない限りは、ひどい腫れは起こらないようです。

 インプラントの手術は人工物を顎の骨の中に埋め込むことになりますので、そのためには顎の骨の深さ、厚み、固さなどの質も重要であり、また顎の骨を支配している神経や血管、骨の中の空洞などを避けて手術することになります。

無理矢理手術を行うと、唇や頬などの知覚異常を起こしたり、術後に感染を起こしたり、最悪の場合は顎骨が広範囲に吸収してしまう場合もあります。

インプラントの手術は、全ての手術が100%成功するとは限りません。

インプラント周辺に対する清掃は、自分自身の歯に対する以上に厳密に行う必要があり、口腔清掃はインプラントの経過を左右する大きな要因となります。

 インプラントの耐久性については、理論的には日常生活に十分耐えうるものですが、金属タイプのものは金属疲労を起こしたり、セラミックスのものについても破折したりすることがあります。

上記以外にもインプラントの手術においては、通常外科手術の際に起こりうる偶発症などが起こる可能性が有ります。

 かかりつけ歯科医院で、インプラントのメリットとデメリットについて良く相談されることをお勧めいたします。

ホワイトニング(歯牙漂白)について

 歯牙漂白には、神経を除去した歯に対して歯の内部から行う方法と歯の外側から行う方法があります。

最近テレビなどで紹介されているのは、歯の外側から行う方法が多いと思います。

この方法は、歯の表面に漂白用の薬剤を塗布し、その後加温する、あるいは強力なライトを当てる、あるいはレーザーなどを当てて、薬剤の反応を促進させます。

上述の方法は、歯科医院内で行う方法ですが、ご自宅でマウスピース類似のプレート内に漂白用の薬剤を入れて、ご自分でご自宅で漂白を行う方法もあります。

歯牙漂白は、洗濯物のように、真っ白けになるわけではありません。

また神経の生きている歯に対して行った場合は、時折凍みる場合もあるようです。

また漂白後に年月が経過すると、若干色が後戻りする場合もあるようです。

料金については、歯に対して外側から行う漂白は、保険適応外で自費になると思われますので、漂白を行っている歯科医院それぞれで料金が異なります。

使用薬剤や機器、期間、漂白する歯の本数などにより、かなり異なりますので、かかりつけ歯科医院でご相談下さい。

なお以前に虫歯などで歯の色類似の詰め物などが詰めてある場合は、その部分とご自分自身の歯の部分とは、漂白によるのされ方が異なりますので、漂白後に再度詰め直す必要が生じる場合もあります。

 かかりつけ歯科医院がございましたら、漂白についてご質問になってみてください。

もしかかりつけ歯科医院で漂白をされていない場合でも、他の医院をご紹介いただけるかもしれません。