口腔外科 of 津山歯科医師会HP

歯科なんでもQ&A

親知らず(智歯)について

 親知らず(智歯)は、永久歯の中でも最後に生えてくる歯の一つであり、その場所も一番奥ですから、上顎では生えても頬側に向いたり、下顎では手前の歯に引っかかって全く出なかったり、出ても歯の頭の一部がのぞくだけで、親知らず自体の向きが斜めや水平になることが多いようです。
 このように親知らずが真直ぐに出ていない場合には、歯ブラシによる清掃は非常に困難であり、親知らず自身やその手前の歯がむし歯になることがあります。
 特に下顎の親知らずでは、周辺の歯肉が炎症を起こして腫れたり、開口障害(口が開けづらくなる)を起こすことがあります。
さらに親知らずのみが原因とは言いかねますが、歯並びに悪影響が出ることもあるようです。
親知らずがあるためにその周囲が清掃不充分となり、手前の歯や周囲の歯肉に悪影響が生じたり、将来的に悪影響が出る可能性が高い場合は、早期に抜歯をお勧めすることがあります。
また女性の場合は、妊娠時に親知らずが原因で疼痛が生じた場合に、投薬や外科処置を含む歯科治療が困難となる場合もありますので、妊娠の時期などについても考慮する必要があります。

 逆に親知らずが真直ぐに生えていて、きちんと清掃が可能で、その他の歯や歯肉への悪影響がなければ、抜く必要は無いと考えられます。

あるいは親知らずが顎骨の奥深くで全く生えず、何等の不快症状も無く、将来的にも悪影響が予想されない場合には、主治医に定期的に診査をしていただくだけで構わないと思われます。
 なお他の歯をむし歯や歯周病(歯槽膿漏)などによって失った場合に、親知らずがブリッジの支えとなったり、いれ歯のバネをかける重要な歯になることもあります。
 さらに最近では親知らずを、他の歯を失った部分に移植する治療法もありますが、斜めに生えている親知らずの場合は、これらの治療も難しい場合があります。
 抜歯の際に上顎の親知らずは、むし歯などによる歯の崩壊や歯根の彎曲等が無く、あるいは歯根の先が上顎の骨の中の空洞に近接していなければ、短時間で抜歯することができますし、術後の痛みや腫れなどの不快症状も少ないようです。
 しかしながら下顎の親知らずで、手前の歯にひっかかって親知らずの向きが斜めや水平になっている場合には、歯肉を切って開いて顎骨の一部を削ったり、引っかかっている親知らずの歯の頭を切削・切断したりなど、抜歯までにかなりの時間がかかるとともに、術後の痛み、腫れなどが起こることがあります。

 また親知らずの歯根が下顎を支配している神経や血管と近接している場合などには、滅多に生じないと考えられますが、開口障害、後出血、下唇や頬の知覚異常が起こる場合もあります。
 親知らずを抜くことがかなり困難と判断される場合には、歯科大学病院や総合病院歯科などの歯科口腔外科をご紹介申し上げて抜歯を依頼することがあります。

 かかりつけ歯科医院を受診し、現在のお口の中の状態を診査していただき、親知らずを残すメリット・デメリットと抜歯するメリット・デメリットについてご相談ください。

外科処置後の注意事項

・麻酔注射の効き目は、治療後2~3時間程度続くことがあります。
 唇や頬などの感覚が無いので注意してください。

・麻酔注射の効きが切れる前から、治療に伴う痛みがでます。
 外科的治療の内容によっては、痛みが1週間以上続く場合もあります。

我慢できない場合は、痛み止め(鎮痛剤・頓服)を服用してください。

痛み止めの服用により胃が荒れる場合がありますので、空腹時は避けてください。

特に就寝前に服用する場合は、多めの水で服用してください。

また痛み止めは続けて服用しないよう最低でも4~6時間は間隔をあけてください。

・化膿止め(抗生物質・抗菌剤)が処方されている場合は、服用により胃が荒れる場合がありますので、用法を守ってください。

ジンマシンなどのアレルギー症状が出た場合は、服用を中止して直ちにかかりつけ主治医へご連絡ください。

・傷口は血が固まってから治ります。

最初は柔らかく茶色いゼリー状のかさぶたができ、その後しばらくして表面が白くなり最終的には歯肉になります。

約1週間は治療した側で物を咬んだり、傷口を触ったり、傷口にガシガシ歯ブラシを当てないようしてください。

頻繁に口をゆすぐと血が固まりにくくなりますので注意してください。

特に傷口を糸で縫ってある場合は、糸に歯ブラシを当てないようにしてください。

治療後2、3日たてば糸は抜けても大丈夫な場合が多いですが、その旨かかりつけ主治医へお問い合わせください。

また麻酔注射の針の瘢が口内炎になることがありますので、傷口以外の歯は十分に歯ブラシで磨いて口の中を清潔に保ってください。

・治療当日は、傷口からの出血が起こりやすいので、激しい運動を避け、長時間の入浴、飲酒も控えてください。

就寝中に唾液と混じり出血することがありますので、枕をタオルなどで覆ってください。

・治療後に、歯肉や頬が数日から1週間以上腫れることがありますが、外科的な治療に対する生体の反応であり、化膿することは滅多にありませんが、腫れがひどい場合などにはその旨かかりつけ主治医へお問い合わせください。

冷たい水道水程度の温度の冷タオルを用いた冷湿布によりある程度は腫れを防止することができますが、氷などで冷やしすぎないようお願いいたします。

また血行を阻害するほど長期間に冷やすと、かえって治癒が遅れる場合があります。

・歯を抜いた後に1週間以上口を開けるのが困難になる場合がありますが、傷の回復につれて徐々に開くようになります。

口が開きづらいあいだは、スープなど柔らかめの食事をお願いします。

出血が続く場合

 血液が唾液と混ざるため、血液はほんの僅かでも多量の出血のように感じられることがあります。

ジクジクと流れ出る場合は、丸めたガーゼを傷口に当てて、約20分ギュット強く咬んだままで止血を試みてください。

途中で口を開けたりガーゼをずらさないよう注意してください。

20分後にガーゼをそっとはずして鏡の前で傷口を確認してください。

まだ出血が続くようなら、また同じ様にガーゼをかんでください。

ガーゼがない場合は、硬く丸めたティッシュペーパーでもかまいません。

上述の止血を繰り返しても出血が止まらない場合には、かかりつけ主治医へご連絡ください。

インプラント(人工歯根)について

 今現在使われているインプラント(人工歯根)には、顎の骨の中に人工の歯根を埋めて、その上に歯をのせるタイプ(骨内インプラント)と、歯肉(歯ぐき)と顎の骨のあいだに金属のフレームを埋めるタイプ(骨膜下インプラント・粘膜下インプラント)と、骨内と骨膜下・粘膜下の両方を組み合わせたタイプと、さらにご自分自身の本物の歯の内部から顎の骨へと貫く歯内骨内インプラントがあります。
 インプラントの形状は、棒状、筒状、板状、スクリュー状、ピン状などの種々な形態および種々なサイズがあり、材質も最近主流となっているチタンを使ったもの、セラミックスを用いたもの、チタン表面にハイドロキシアパタイトをコーティングしたもの、形状記憶合金を使用したものなど、様々な種類のインプラントが日常の臨床で使われております。

 インプラントの手術にあたっては、埋め込むインプラントが1本であっても、1回の手術のタイプと2回(2回目は簡単な手術)の手術に分けて行うタイプがあり、また何本も多数のインプラントを埋め込む場合には、埋め込む手術自体を何回かに分ける場合もあります。

さらに施術後直ちにインプラントの上に歯を被せるタイプもありますし、手術の後半年ぐらい埋めたままで経過を診るタイプもあります。

 現在インプラントの主流は、顎の骨とインプラントとが直接的に結合するタイプですが、タイプによっては骨と直接的に結合しないものもあり、この場合には埋め込んだインプラントのみでは上に被せる人工の歯をささえることができず、前後あるいは左右のご自分自身の歯を削って連結する場合もあります。

 費用については、そのインプラントのタイプや埋め込む本数、上にかぶせる歯を白くするか金属にするか、特殊な義歯(入れ歯)にするか、などによって大きく左右されます。

インプラントの治療は原則として保険が適用されませんので、全てが自費治療になりますが、被せる歯を含めて最低でも10万円前後から、本数によっては数百万円になる場合もあります。

 手術中の痛みについては、麻酔が効いている限りは顎の骨を削る振動が響く程度です。

麻酔が切れた後は、外科的な手術のため、患者さん個人個人の感覚にその程度は左右されるものの、やはり痛みが生じますが、頓服(鎮痛剤)で抑えることができる程度のことが多いようです。

また手術自体に問題がない場合で、術後の感染などが起こらない限り、またよほど広範囲に一度に多数のインプラントを埋め込まない限りは、ひどい腫れは起こらないようです。

 インプラントの手術は人工物を顎の骨の中に埋め込むことになりますので、そのためには顎の骨の深さ、厚み、固さなどの質も重要であり、また顎の骨を支配している神経や血管、骨の中の空洞などを避けて手術することになります。

無理矢理手術を行うと、唇や頬などの知覚異常を起こしたり、術後に感染を起こしたり、最悪の場合は顎骨が広範囲に吸収してしまう場合もあります。

インプラントの手術は、全ての手術が100%成功するとは限りません。

インプラント周辺に対する清掃は、自分自身の歯に対する以上に厳密に行う必要があり、口腔清掃はインプラントの経過を左右する大きな要因となります。

 インプラントの耐久性については、理論的には日常生活に十分耐えうるものですが、金属タイプのものは金属疲労を起こしたり、セラミックスのものについても破折したりすることがあります。

上記以外にもインプラントの手術においては、通常外科手術の際に起こりうる偶発症などが起こる可能性が有ります。

 かかりつけ歯科医院で、インプラントのメリットとデメリットについて良く相談されることをお勧めいたします。